忍者ブログ
働くアラサー女子。 毎日忙しいけど、丁寧に暮らしたいのさ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

お化粧を始めた頃は、リキッドファンデーション。
そのうち、流行りのBBクリームに手を出し。
パウダーファンデーションも仕上がりがキレイ!と買い足した。
やっぱり下地を使うと持ちが良い、と色つきの化粧下地を最初に塗るようになり。
夏のUVカット対策に、日焼け止め機能のある下地も買った。
季節によってファンデーションを変えるのが良いと聞き、それはカッコいい!と夏用のサラッとしたパウダーファンデーションも購入。

私のファンデーション遍歴は、こんな感じ。

色々使ってみて、結局、リキッドファンデーションやクリームファンデーションは、手放した。
手間はかからず便利なんだけど、仕上がりの面ではやっぱりパウダーファンデーションに負けるな、と感じたから。
使っていくうちに、パウダーファンデーションも手際よく塗れるようになったしね。

それから、そのパウダーファンデーションも、一つに絞った。
夏用のファンデーションが切れたとき、新しいのを買おうという気持ちにならず、なし崩し的に一つに絞られた、という状態だけど。
面倒くさがりの私に、季節によってファンデーションを変える、というのは合わなかったようだ。

そんなわけで、今持ってるのは、色つき下地・UVカット下地・パウダーファンデーションの3つ。
ちなみに、この3つは全部オルビスだ。

順に、コントロールメイクアップベース、サンスクリーンオンフェイス、シフォンベールファンデーション。
   


今日は更にここから、下地を1つに絞ることにした。

というのも、ズボラな私に、2種類の下地をうまく使い分けていくのは無理だとわかったから。

下地が2種類あると、それぞれについてストックを買うことになるので、その分場所をとる。
私、こまめにストックの確認をして少しずつ買うってことができないので、ついついストックが多くなってしまったり、逆にいつの間にかストックがなくなってたりする。
種類が多いと、在庫管理がうまくいかないのだ。

また、日差しの強い季節にUVカット下地を使う、というつもりで持っているんだけれど、結局季節に関係なく、手近にある方を使うこともある。
つまり、2種類なくても事足りるんだなってこと。

で、よくよく考えてみて、そもそもなんのために化粧下地を使いたいのか、自問自答してみた。

パウダーファンデーションのノリがよくなるように、崩れにくく長持ちするように、が1つ。
これは、どちらの下地もクリアしている。

もう1つは、日焼け対策。
これは、サンスクリーンオンフェイスの方がUVカットに特化している。
その上、サンスクリーンオンフェイスは下地のみでもお出かけできる。ファンデーションをするまでもないような日に便利だ。
コントロールメイクアップベースの方は色がつく分、単独で使うのは難しい。


「何のために使いたいのか」を考えると、すんなり、サンスクリーンオンフェイスに軍配があがった!


と、いうわけで、今回の化粧品絞りこみは完了!
これからは、一年中「UVカット下地+パウダーファンデーション」で過ごそうと思います。

こんな感じで使う化粧品を厳選して、メイクボックスの中を減らしていきたいな。

*************************************************
ランキングに参加しています。よろしければ応援クリックをお願いいたします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへにほんブログ村 インテリアブログ 二人暮らしインテリアへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
ミケ
性別:
女性
自己紹介:
共働きアラサー夫婦。
おうちは賃貸。
インテリはは方向性を模索中!(ナチュラルも北欧もモダンも気になる!)
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
[06/13 talo lokki]
[01/26 トラ子]
ブログランキング
ランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ にほんブログ村 インテリアブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
よろしければ応援クリックをお願いいたします!
ほしいもの
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]